スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメと音楽


どうも!こばにゃちみん!最近アニメに泣かされ過ぎなさしみんこと、僕です!・・・いやはや・・・アニメってどうしてああ来るのか?とかこう来るのか?とか分かってても泣けちゃう物なんでしょうかねぇ・・・

ということで。ちょっとアニメと音楽のお話を。

アニメというのは映像、音、シナリオなど、様々な物を同時に目に見える形で表現、進行します。だから次はこうかな?とか予測が出来たり、自分に重ねたりという感情移入が出来ます。

僕はこういう感動って言うのは音楽と相違無いと思います。

音楽はそのメロディが美しい、そのコード進行が美しいなどそういった感動もあれば、何かの主題歌等で裏ではどうこう設定があり、それを音楽だけで表現する。というスタイルもあります。

例えばアニメのように自分を音楽そのものに重ねたりは出来ないでしょうが、歌詞に共感した、などそういう音楽も少なくないでしょう。つまり、アニメと音楽の感動という物は似ているのではないでしょうか。

メロディ、コード進行は音や映像、歌詞はシナリオのように、1つの塊のようで複数の塊を同時にぶつけている物だと思います。

だから僕は音楽の感動も好きだし、アニメ等の感動も同じ位好きです。

最近特に悲しいのは、「アニメの曲でしょ?何がいいの?」とか「アニメの曲とかダサい、キモい」とかそういう言葉です。

更に言えば、「アニメの曲としては使われてるけどそのアーティストは別」とかそういう偏見ですね。

アニメで使われた曲が果たしてダメな音楽なのか。
そんなことは一切在りません。

最近、音楽好きな友人との話で某Mステの話をしたときの話。

「そういえば最近アニメの曲がランキング上位とかなってるのを見るとちょっとえーって思う」

その様な事を言われました。

僕はそのとき「アニメの曲を否定する意味が分からない、立派な音楽だ」と主張しましたが結局その友人は認めることをしませんでした。

逆に、アニソンだけが素晴しい!といいたいわけではありません。僕だって色んな曲を聴くし演奏するからどの音楽にどんな良さがあるということもある程度なら分かっているつもりだ。

その中で自分の好きな音楽以外を否定する人間が最近増えてきているような気がする、確かに好みというものは人それぞれで嫌いなものも出てくる。

ですが、大前提として。

たった一人の人間が、ジャンルにまとめられた音楽のその1つでも、否定、嘲笑する権利など絶対に持ち合わせてなんか居ません。

そして、特に最近その傾向が強まっていると感じているのがアニソンである。

昔は俗に言うオタク文化はあまり表に出ていなかったので、アニソンが好きならそういう人達と集まればいい、という感じでした。

しかし今、オタク文化が社会全体、国全体に浸透しつつある世の中です。勿論そういう物を否定したり嘲笑する人間は存在します。

それにより、今、オタク文化の重鎮ともいえる、アニメ、アニソンは受け入れられ、其の一方で拒絶の色が強まってきていると思います。

僕は仮にも音楽を志している者であり、アニメを愛する者なので、この状況はとても悲しく思います。

確かに認められないかもしれないですが、それを否定したり、嘲笑したりする人間にはとても腹が立ちます。

その音楽を作るためにどれだけの人がどれだけの時間を使って、そしてどんな思いを込めて作ったのか。

そういう事を考えて、その上で一つの芸術、表現の一つだと捉える事も出来ない。そういう人間が平気で音楽を語ったり、志しているという事は本当に悲しいです。

だからもしアニソンに抵抗があった人、また、嫌いだという人も。決してそこにある音楽を否定しないでください、嘲笑し、蔑まないでください。その音楽を、芸術を。どんな形であっても、絶対に否定してはいけません。
それは、今まで築き上げられてきた音楽や、芸術のすべてを否定することと同じだから。



そして。

アニソンが好きだという人や、声を大にして言えないけどアニソンも好きだという人。恥ずかしがることはありません、とても素晴しいことです。しかし、アニソン以外は嫌い。という人も、決して他の音楽を否定していい、という訳ではありませんのでご注意を!

そして。その二つ、どちらの立場の人にも言いたい。

「せっかくの人生です、色んな道に首突っ込んで、色んな道を認めて、色んな観点を持って、楽しく生きましょう」

そんな感じで、本日の記事、迷言と合同にしました。

アニソンとはこうだ!とか、音楽とはこうだ!等、自分の意見に反対だ、などありましたら。是非コメントにて意見をお聞かせください。

↓滅多に使わないけどギターのピック
pick.jpg
この2mmのJimDunlopさんのStubby、BIG.Stubbyを使い分け。小さい方は気分的にメロディやソロなどのときに、大きい方はコード弾きとか多めの時などに使用します。ギター自体そんなに弾かないけどw


毎日更新記録其の弐@33日目 それでは!ぐ~てなはと~・x・ ノン
スポンサーサイト

迷子って奴ですか


どうも!こばにゃちみん!相変わらずアニメを見ては感動してキュンキュンしているさしみんこと、僕です!

えー・・・いきなりのご挨拶がぶっ飛んでますが・・・今日はちょっとした反省とかそういう物をちょっとだけマジメにしたいと思います。長いし興味ねーよっていう方はどうぞお戻りください


初心忘るべからず

初志貫徹

どちらも志したことを忘れない、貫き通すという言葉です。

しかし2つは一緒ではありません

私は初心を忘れていました。大きな間違いを抱えたままこの3年ベースに接していました。

もしかしたら初志すら忘れていたかもしれません。

初心とは。初めて感じた率直な心情です。 すごい!とか楽しい!とかそういうものですね。

初志とは。私はこうなりたい!とかある程度自分の中に土台があり、その上に立ち上げる目標。

私の初心は 音楽は楽しい という物でした。音楽は楽しい物であり素晴らしい物だと。そう思っていました

私の初志は 音楽を極める という物でした。音楽の技術を高めて人を感動させたい。そう志しました

やはり私は両方を忘れてしまっていました

音楽を楽しむために技術を高めるものだと。今はそう思ってます

技術を高めるのは人を感動させるためではなく自分の技術をただ伸ばしたかった。それだけでした

結局私は音楽をしていませんでした。

音を楽しんでいませんでした。一つ一つの音は何であるのか。何でそのつながりを持つのか。

そういう理論はもちろん大事だし守らなければなりません。しかしそんな理論や技術以前の問題です。

心から音を奏でられない人がどうしてアーティストになれるでしょうか

音楽が好きで、楽しくてしょうがなかった音楽を始めた6年前の自分をいつの間にか過去に置き忘れていた様です

気づくのが遅くなりすぎました

たとえスラップが6連で打ち込めても、トリプルプルが出来ても、幾らゴーストノートが打ち込めても。どんなに早く弾けたとしても。

空っぽの器では上辺だけのただの音になってしまいます。

人が求めている、自分が求めているものは上辺だけの音楽何かじゃないのに。

いつの間にか自分の手の中には上辺だけの音楽しか残っていませんでした。

曲を楽しめずに何を楽しむ。一つ一つの音に心を込めずして何に心を込める。

いつの間に忘れてしまったのかは思い出せないけど

あのころの純粋な音楽に対する気持ちは、今からでも作り直せば良い。

本当に音楽が好きな人で在り続けたい。

音を楽しんでこそ、本当の音楽であり。楽しまれる音を作り出すことこそが、音楽家の生きがいであると思う。

今はちょっとベースが弾けるただの一般人でしかありません。ベーシスト、音楽家を目指すのはただの夢物語だと言われても否定が出来ないような人でした。

ベーシストに、音楽家に、なりたいと思うだけなら誰でも出来る。でも本当になるのは想像以上に難しい物だ。だからといってあきらめる物ではない。

音楽とは山だ。ひとつの山を登りきったとしてもそれよりも高い山があれば勿論低い山もある。しかし、登りきるまでは辛くて孤独であってもその先にたどり着ける感動は人生で感じる最大級の感動だと私は思う。

人の上に立つことが目標じゃない。凄いと褒めてほしい訳でもない。

自分にしか出来ない。そんな物をこの人生の中でたった一つでも見つけたい。

それを私は音楽という道に照らし合わせる。

もしその道にそのたった一つすら無かったとしても私は自分の人生に誇りを持って悔いは無かったと笑って生涯を終えたい。

また明日から一歩ずつでも、音を楽しむという心を取り戻したいと思う。


・・・っていう独り言だと思ってください

書いておくことは自分と同じような心境の人に早く気づいてほしいし、自分だけじゃないんだっていうことを思ってほしいから、後は忘れないように。ですねw

今日の迷言、写真 は本日はお休みします。

毎日更新記録其の弐@27日目 それでは!ぐ~てなはと~・x・ ノン

左手強化期間!


どうも!こばにゃちみん!現在絶賛左手のテクニック強化期間中のさしみんこと、僕です!案外適当にしてきたハンマリングとかプリング。グリッサンドとスライドの使い分けetcetc...とにかく色々ですなw

特にハンマリング、プリングは絶対的に重要ですので!ベーシスト、ギタリスト関係無く、今まで練習あまりしてなかったなーという人は見直してみるのも良いかと思いますよ!

まぁ左手のテクニックを鍛えるって一言で言ってもどうすりゃいいんだよ!っていう方は適当なフレーズを作ってそれをハンマリングとかプリングを使って滑らかに弾けるようにする、とか。

まぁでも実際  1fを弾いて3fにハンマリングオン とか 3fを弾いて1fにプリングオフ とかそういうのは簡単ですけどねw

開放弦からのハンマリングオン、開放弦へのプリングオフ などでちょっとリズムモタったりノイズ入ったり。

もしくは 2、3連ハンマリングオン・プリングオフだったりとかだとついついちょっと早くなったり。

後はチョーキング、チョーキングビブラート、スライドビブラートだったり・・・色々かな?

スライドビブラートって何ぞ?っていうのは

例) 5fでスライドビブラートと指示があったら5fの前後のフレットをスライドで素早く揺らす感じですね

左手の技術って案外少ないよう感じるかもしれないけど数がそんなに無い分重要かつ使い分けのセンスが試されるんですよね。

後案外難しそうって思っている人もいるかもしれませんがタッピングとかってハンマリングとプリングが出来れば誰でも簡単に出来ます。
力入れすぎたりプリングが不慣れだと変になっちゃうけど特にベースは弦は太いからやりにくいっていうのもあると思いますが・・・基本的に慣れですね。力加減とかはやるうちに覚えますので諦めずじっくりと習得しましょう!

そういえば3連プルことトリプルプルにも大分慣れてきました!日曜日くらいには解説の記事を作ると思うのでダブルプルが出来た!という方は是非挑戦してみてください!

また希望があればベースのテクニックの解説など行うので何でもどうぞ!ただ満足感の保障は出来ませんw

それはそうとたまにこういう技術を極めようと練習しているとギターもいいなぁとか何でギターを小6の時にやめたかな~とか思っちゃったりするんですけどねw後はベーシストとしての自信が無くなったりするときとかですかね。
そういう時は今沢カゲロウ氏のベースを聞きます。彼には一生届きそうもありませんが彼のようにベースである意味で音楽のすべてを極めたベーシストは中々居ないと思います。今沢カゲロウ氏を知らない人も是非聞いてみることをオススメします!

実を言うとMoonのオーダーメイドを考えているのもカゲロウ氏が使用しているのを目にし、音を聞いて、っていうのもありますwまぁ流石にフレットレスにはまだ手を出そうとは思いませんが・・・w

今日の迷言:「人生に勝ち負け何てモノは無い。在るのは楽しめたか楽しめなかったか」

自分の人生のテーマとでもいいましょうか。楽しく生きることがたとえ貧しくても誰からも認められなくても。というものです。

1流の企業で働き。趣味など無くお金だけある人 と 方やお金は無いが自分のやりたいことを出来ている人

どちらが正しいというものありません、もちろん間違いなんてありません。

お金があれば何でも出来るから前者の方が優れている!とか1流の企業にいるなら将来も安定しているけど後者はそういうこともない!とか。

もちろん人によって考え方はいろいろです。ですが。

正解なんてありません。どちらも幸せかもしれないけどどちらも不幸せかもしれません。

しかしはっきりといえる事はあります。

人生とはそれぞれ生きている人の数存在する。そこに優劣などは無いがその人生を何の為のモノとするかによって大きく価値観は変えられる
勿論善くも悪くも。例え貧しくても、裕福でも、モテても、モテなくても、誰からも認められなくても。

一度きりの人生。自分を貫き通して悔いさえ残らなければソレが最高の人生ですよ。

↓昔聞かれてた弦高
genkou.jpg
ネックシェイプにあわせて4、1弦が指板エンドから2mm強位で2,3弦がそれより0.5~1mm位高くなってます。ちょっと低めのスラップ仕様な設定です。プルのし易さが異常

毎日更新記録其の弐@23日目 それでは!ぐ~てなはと~・x・ ノン

トリプルプルは案外・・・。


どうも!こばにゃちみん!この二日トリプルプルの練習で薬指がそろそろヒリヒリしてきたさしみんこと、僕です!早く慣れて指先固まればいいけど・・・。

とりあえず現状報告。

大体コツは掴みましたぞ!ダブルプルの時もこれ書いとけば良かったな~・・・と後で後悔したのですが・・・

結局スラップの原点は指弾きです。親指ピックは今じゃあまりなじみのないものですが昔は結構な人が親指で弾いたりしていました。

親指でのオルタネイトピッキングをさらに深めて。サムダウン、サムアップ。

人差し指~小指までのフィンガリングをさらに深めて。プル、ダブルプル、トリプルプル。

つまり何が言いたいのか。ということですが

ダブルプルもトリプルプルも指弾きができれば絶対。必ず習得することが可能です!

案外難しい。との意見が多かったダブルプルですが、普段の指弾きをただ軽く弦の下に潜り込ませてやや斜め気味に引き抜けばそれはもうダブルプルです。

スラップのテクニックというものは極めれば極めるほど指弾きの様に力まずに軽く引っ掛けて軽く打つというものになると感じます。その流れ作業はもはや誰でもできる普通のオクターブ奏法を指で弾いているだけに見えてくるでしょう。

まぁただそうなる訳じゃない。っていうところがスラップの極め甲斐のあるところなんですけどねw


まだ解説。というわけではないですが軽くトリプルプルについての掴みかけているコツを。

★薬指→中指→人差し指 の順番に弾く

★トリプルプル以降に限り手首の回転だけでなく。腕全体を上げて弾く

★プルを弾く時は自分側にまっすぐに引っ張るのではなく。ややPU側に斜めに引く


感覚としては「引っ張る」というよりは何かを「掻き出す」ような感じ。

流れを意識してやらないと ダブルプルの不発のような格好悪い音になります

まぁ要練習ですな!また自分の練習が完成しだい画像、音を使って解説記事を上げるのでご期待ください!


今日の迷言:「感動は与えるものではなく溢れ出るもの」


だと僕は思います。

なぜなら感動を与えるものって与える相手がいるわけなんですが実際その相手は不特定多数で全くの他人がどうすれば感動する。なんていうのは分からないものです。

さらに多くの感動的なものを作る人は、意識していても無意識であっても感動を生み出しています。また其れが認められている人も少なくありません。

ということは感動って誰かに与える物ではなくその人、音楽、映像、文章。様々な物がそれぞれ感動の源となり、それに触れた不特定多数の人はたとえ趣味や文化が違っても同じ感動を得られるんじゃないかな。

と考えます。

勿論感動は発信する物が受信する者に与えるというのは絶対的な間違いではないと分かっていますが・・・。

ただ、人間は感動させるために作ったものに感動しているわけではなく。他人の作った音、映像、文章などが発信源となりそれに才能や努力など様々な物を読み取り。心が動かされているのではないのかと思うのです。

ある意味感動を作る人も受ける人もお互いに受け取るアンテナのようなもので。同じ周波数、つまり自分もそう思う。これは好きだ!などの共鳴する物を受け取ってまるで音叉の様に心が震え。

その共鳴し震えている状況を感動と名づけたのではないでしょうか。

貴方も感動を発信する術を見出していないだけで感動を発信するアンテナを持っているのです。

↓南国白くま
sirokuma.jpg
ちゃんとした本店のちょっと大きめのカップの奴ですな。市販のだと表面ぺったんこなんだけどこれはこんもり山状に盛られていますw

毎日更新記録其の弐@21日目 それでは!ぐ~てなはと~・x・ ノン

スラップ色々研究中。


どうも!こばにゃちみん!ここ数日東京事変とCASIOPEA位しかマトモに聞いていないさしみんこと、僕です!

現在練習中: 修羅場ADULTVer/東京事変 サカナ/椎名林檎 の二曲。

修羅場の方は大分安定してきたかな?後は暗譜とチョーキングを安定させることが課題!プリングもバラつかないようにしないといけない・・・

サカナにつきましては左手がまだ若干安定安定しないので全然完成遠いですね、速度落として要反復練習ですな。


この二曲が終わったら 透明人間 ブラックアウト 群青日和 とかもやりたいな~とか考えてます・x・

そして相変わらずCASIOPEAの AKAPPACHI-ISM と DOMINOLINE は素晴らしいものですw

AKAPPACHI-ISMをコピーしたくて聞いているんだけどタッピングがイマイチ・・・何とも言えないですなぁ

ナルチョはコード弾く時に小指から人差し指を全部使ってジャララン♪とやるからただのコード弾きがちょっとギラついて聞こえますね。

そんな僕もコード弾く時はナルチョを見習って小指から人差し指まででジャララン♪とやっているわけです。あれ結構好きなんですよw爪が傷だらけになりますが・・・w

まぁあの奏法が出来たからといってもそんなにテクニカルなベースラインって中々無いものですよね。

しかしちょっとまじめにコードの研究をしようかな。とか思ったり。

DOMINOLINEについては・・・まぁ櫻井さんのソロの動画とかあったりで目コピとかできそうな感じはしますよね!まぁそこが出来ないのが僕の悪い所ですがw

一応スラップの右手のテクニックについてはこれでもある程度はやっていると思っています。

サムダウンアップ、ダブルプル、トリプルプル(練習中)、サムダウン2連打ち(3連打ち)などなど・・・

ん~・・・トリプルプルを早く完成させたいところですねwトリプルプルが完成すればスラップの右手のテクニックは殆ど制覇!という感じでしょうか・・・?

トリプルプルが出来たらサムのみでスラップ曲を。とかサムのトレーニングにも打ち込んでみたいですなぁ。。。

まぁ何やらスラップとかについて喋っていますが指弾きをもっと巧くなりましょう、そして左手も巧くなりましょうっていう感じです・・・

ベーシストって堂々と名乗れるのはどうやらまだまだまだまだ先の事らしいですw

今日の迷言:「多くのものに手を出すのでは無く一つを極める人であれ」

大事なことですよね!

まぁ多方面に強いっていう人も居るとは思うんですけどやっぱり何か一つ飛び出たものがあるほうが良いと思います。

あれもいい。これもいい。じゃあ全部やっちゃおう!っていうのは間違いです

あれをしっかりやりこんでからこれをしよう!位がちょうどいいと思います

何よりあれもこれもっていうのは面倒臭いですよね。

これなら誰にも負けない!私にしか出来ないんだ!という物があるといつか絶対役に立つことでしょう。

手を出しすぎて元ある才能を殺してしまっている人もいます。

今、貴方が得意とすることを大事に暖めて下さい。手を広げるのも程々に!


↓無駄に充実してきたグリップ達
grip.jpg
これにさらに後4つ位持ってます。
黒がトレーニングの時用、紫がネトゲとかの合間用、赤はネットサーフィン中の片手用
握力グリップもいいけど指のグリップマスターだっけ?あれも硬さ別で2つ位ほしいな・・・w

毎日更新記録其の弐@20日目 それでは!ぐ~てなはと~・x・ ノン

| とある低音奏者@がんばらないホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。