スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の中にあるマイナーの価値


どうも!こばにゃちみん!最近、そういえばこのベース弾いてる人見たことないよなぁっていうマイナーなのか超高級だからなのか分からないようなベースメーカーを探すのが好きなさしみんこと、僕です!

案外そういうメーカーさんって楽器製作や音に対する自分の中の哲学が独特で受け入れられないっていう所もあったりするんですよね。(AlembicやATLANSIA等)

一つを極めた感じのあるメーカーさんは総じて好みに分かれてユーザーの数も割りと少なくなる、ただその例外として日本ならATELIER Zとかもっと有名に行けばMusicman StingRayとかそういったところはコアなファンとかも多くて幅広いですよね。

後は全体的に楽器そのものの作り、音のリフト具合で総合して評価の高いメーカーさんは基本的に高級で自分の音楽性や音楽に対する観点がしっかりしてる人から支持される傾向にありますね。(FoderaやRITTER等)

でもまぁここでつまり何が言いたいのかというと。

マイナー=全て良い とか 高級=全て良い っていうのは完全ではないって言うことですね。

まぁ絶対的に万人受けしてかつ質の高い楽器って言うのは中々無いと思う。そこらへんはやっぱり音楽っていう学問の感性を重視する点ですね。

ただ万人ではないにせよ多くの人から支持されるって言うことが感性においては正義になっちゃうので、たとえばFender社やWarwick社やATELIER Z社のように広く支持される良い物はメジャーな感じに。

ここからは完全に個人的な話になるんですけど。

このブログでも何度も言ってることですが。

昔から人と同じものを持ったり誰もが持ってるようなものにあまり魅力を感じないんです。これはもう性質というか個人的な美徳ですかね。

その観点から見てこういう所謂マイナーな所って結構魅力的で。良く探すんですよ。正直言っちゃうとこの音楽の より多くの人が良いと思う=正しい っていう所は特に日本では特に強くて、邦楽での自己主張するにしても結局は大衆向けな感じはぬぐえないんですよね。

まぁ結局仕方ないって事なんですけどね。

集団に合わせることが美徳。これが日本人で一番多い感性だと思います。だからこそ似たような曲、似たような歌詞の音楽が売れ続けるんだと思います。

さて話が大分それたのでちょっと戻すと。

個性的っていいよね!

これで終わっちゃうんですよね、ええ。

まぁ人と違うこと違うことって追い求めるのは好きですが完全に違うことって誰も出来ない気がします。

だからこそ マイナー っていう表現なんでしょうね。良く出来てると思いますよ。

そしてですね!最近面白い個性的なメーカーを見つけたんです!

恐らく。というか確実にご存知の方もいらっしゃると思いますが。

JIRAUD

というメーカーさんです!

コレがまたATLANSIAのように凄く個性的で独自の哲学を持っているメーカーさんでして。たとえば 重いベースが最も振動しかつ良い音である という意識ではなく。 コンパクトなボディであっても形や作りによって良い音がする といったように設計段階からかなりの哲学を盛り込んでいる様子。

音作りに関しても同じで。たとえばEQなどで音をカットしたりブーストしたりする所も他社と違う考えでカットする部分を編み出しているようで。

中々興味深いメーカーさんです。

もし機会があったら検索してみてください。ボディの面白さも宛ら、その他についても見ごたえ、聴き応えあると思いますよ。


といった所で、結局自分が一番支持してるメーカーってCarlThompsonなんですけどね。ええ。

あのメーカーさんは個人的に大好きです。音は木の暖かさを大切にナチュラルな鳴りであり芯のある音でJBのように鋭い鳴りというよりPBのような印象を受けます。

個人的にあの土台の姿勢が好きなんですが。そのほかにこのメーカーさんのすばらしい所はアーティストモデル等の複製をしない。という所ですかね。

僕の好きなベーシストの一人、レス・クレイプール氏は自身のモデルとして レインボーベース という物があります。このレインボーベースのコピーモデルの製作依頼が結構あったようですが断っているそうです。

僕は、このCarlThompsonの 個性を大事にする姿勢 自分の哲学を貫き通す姿勢 がとても好きです。

しかも1つ1つが手作りで完全オーダーなので量産しない。かつ1つ1つに味のあるベースが生まれるわけです。

これはもうまさにドストライクな感じなのですよ。

もしよければこっちも調べてみてください。僕と似たような考えの人はきっと気に入ると思います・x・


さてさてさて。今日は一つの話で終わってしまいそうですね。まぁそんな日もあって良いでしょう。

文章見返してみると うわっ何このチラシの裏にでも書いてろksって言われそうな文章ww って感じですが。まぁ気にしません。

取り合えず、音楽や趣向において絶対とか完璧っていうのは無いって言うことですよ。え?結論が全然違うって?・・・ごめん

コメント返信は追記なんだかんなっ!


↓譜面立てってやっぱり便利
bg016.jpg
初めてベースを買ったときについてきた奴。メーカーとか詳しいことは一切不明だけど最近引っ張り出して使ってる。基礎練習とかリズムトレーニングとかで使いやすいな~と思ってね。うん案の定大活躍!


それでは!テケリ・リ、テケリ・リ ・x・ ノ


★コメント返信★


>> 孤独なBASSIST さん

コメントありがとうございます!

やっぱり自分の趣味とか趣向に当てはまるようなことに幸せ感じますよね~w僕の場合逆に身近すぎて毎日ハッピー超幸せですよww

穴に落ちる夢ですか・・・結構聞きますよね~まぁ僕もあるんですけど・・・あの夢は何だっけか・・・何か心理状況が云々ってあったようですが忘れましたwまた今度調べておきますw

幸せは自分から見つけるっていう人なので。基本的に面倒臭がりですが単純なので些細なことで喜んだりしますよw
スポンサーサイト

| とある低音奏者@がんばらないホーム |

コメント

こだわりがちゃんとあるって良いなぁ・・・
俺は直感だけでしかベース見てないから、そのメーカーの知識と分析は羨ましい限り。
値段が本一冊くらいなら問題ないんだけどw

CarlThompsonは辛うじて見たことあるかも。
くるんってなってるボディがかわいいね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sashiminbass.blog41.fc2.com/tb.php/400-f1195e64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。